ghost mail 

   だいじなものは、平和と笑いと音楽。いらないものは、戦争と武器と原発。

Category: 原発

福島の子どもの甲状腺ガン多発(43例)は異常事態だ! 

2013/10/14 Mon.


『放射能から子どもたちを守ろう!
  福島の子どもの甲状腺ガン多発(43例)は異常事態だ!』


高松勇医師(高松子どもクリニック院長・医療問題研究会)講演会

◆日 時  2013年10月14日(月・休)体育の日
      13時00分開場・13時30分開会
      
◆場 所  京都市 伏見いきいき市民活動センター 別館 集会室
     
      http://fushimiikiiki.wix.com/ikik243#!untitled/c1np5
     
      別館(京都市第二児童福祉センターの2階にあります。)

     
      〒612-8434 京都府京都市伏見区深草加賀屋敷町24-26

◆駐車場  会館には駐車場はありません。近くにコインパークがあります。

◆公共交通機関のご案内

 市バス    81系統・特81系統「西墨染通」下車すぐ

 近鉄京都線  伏見駅下車(徒歩 約8分)

        竹田駅下車(徒歩 約10分)


 京阪本線   墨染駅下車(徒歩 約10分)

 地下鉄烏丸線 竹田駅下車(徒歩 約10分)

◆参加費    一般500円、避難・移住者200円

◆プログラム(予定)
 13:00 開場・受付開始
 13:30 事務局からの報告
    「原発事故こども・被災者支援法に基づく基本方針案」について
 13:50 高松医師講演「福島の子どもの甲状腺ガン多発は異常事態」(仮題)
 15:20 質疑応答
 15:40 今後の取り組みについて

     第2回「避難者こども健康相談会きょうと」について
  原発賠償京都原告団を支援する会結成集会について
 16:00 終了予定

◆よびかけ

 福島県の18歳未満のこどもに対する健康調査において、43人の子どもたちに
甲状腺ガンが発見されました。甲状腺ガン多発(アウトブレイク)という異常
事態が発生しています。
 
 県民健康管理調査検討委員会の山下俊一座長は「人数だけ見ると心配するか
もしれない。しかし、20~30代でいずれ見つかる可能性があった人が前倒
しで見つかった」とスクリーニング効果説を唱え、福島第一原発事故による影
響を否定しています。
 

 しかし、高松医師は、「甲状腺ガンのアウトブレイクを否定する『スクリ?
ニング効果』説には科学的根拠がない」「甲状腺がんのアウトブレイクの事実
は、相対的低線量地域で相当の被曝量の存在を示し、今後の健康被害の発生を
意味している」と力説します。
 
 さらに、今直ちに行わなければならないこととして、「被ばく軽減策、つま
り避難、保養、食の安全確保が必要であり、放射能健康診断、科学的な治療法、

補償などの援助体制が重要である」と指摘しています。

 みなさん! 高松医師緊急講演会にぜひご参加ください。甲状腺ガン多発の
異常事態を正しく認識し、第2回目となる「避難者こども健康相談会きょうと」
を成功させるとともに、子どもの命と健康を守る運動をともにすすめていきま
しょう。
 

◆高伊勇医師のご紹介 (高松こどもクリニック院長、医療問題研究会)

 低線量被ばくの危険性を指摘し、山下俊一氏などによる「100ミリシーベル
ト以下ではガン等の健康障害は確認できない」との主張に対して、公表された
科学的事実から反論し、「低線量でも危険性がある」ことを明らかにしてきた。
 福島をはじめ、避難者が多い大阪や京都での「こども健康相談会」の活動も
精力的に行っている。

 著書 「低線量・内部被曝の危険性」(共著、耕文社2011年)
 


(主催)避難者こども健康相談会・きょうと
 
(連絡先)〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254
       北川コンサイスビル203号 京都・市民放射能測定所気付
     tel:090-8232-1664(奥森) Fax:075-622-9870  
スポンサーサイト

edit

CM: 1
TB: 0

page top

2013-10