ghost mail 

   だいじなものは、平和と笑いと音楽。いらないものは、戦争と武器と原発。

Category: 人権

自ら墓穴を掘る日本石橋の会代表を見て 

2014/08/10 Sun.

このところメディアを騒がせている朝日新聞の訂正記事。
ネトウヨは、ここぞとばかりに朝日バッシングを強めている。
しかし、今日の橋下を見て、彼らは後悔しているにちがいない。

「いったい何をしているんだ・・・。
吉田氏の証言は、もう議論しつくされている。
従軍慰安婦問題を知らない若い世代にも教えている。
旧日本軍が過去にアジア諸国でやってきたことを。」
(おまけに朝日の売り上げに貢献していますゾ。)

彼らとは違って、私個人はこの慰安婦問題を「今さら」などと思っていません。
一部の報道が否定されても、日本人が過去の戦争でしたことを再検証するきっかけになります。
歪曲された情報だけを取り除き、事実は何であったのか。
戦争が人間をどこまで変えたのかを考えるべきです。
それを再確認する契機を彼らは作ってくれました。
忘れ去ってしまうより、よほど良い。
とことん議論して、歴史を再認識してもらいたいです。
日本の侵略戦争を知ることは自虐史観などではありません。
それこそが両国の関係を改善へ導くための扉だと気付くことでしょう。


(コメントを受け付けています。記事への反論であっても、不要なリンクが貼っていない限り回答や削除はいたしません。
一方的な発信は不公平だと思うからです。・・・というのはたてまえで、返信がめんどくさいだけです。)


追記:
私見ですが、朝日新聞さんのほうがはるかに「うわ手」ですね。
墓穴を掘ったことに気付いたネトウヨたちは、「吉田証言」を書かなくなり、
騒ぎが大きくなるほど訂正記事を出した新聞は讃えられる。
きっと、そのことに気付かない人だけが騒ぎ続けるんでしょうね。


スポンサーサイト

edit

CM: 7
TB: 0

page top

2014-08